« 過ぎし夏雲 | メイン | Mマウントにおけるマクロとは »

2007年12月11日

US出張

とてもひさびさの更新です。

今回のUS出張では戦前の1930年代のレンズ2本のみをお供にしました。
どちらもノンコートなので、光線の具合には左右されますが、いい描写をしてくれます。特にこのショートエルマーにはいつも感心させられます。
ボディもこれまたひさびさのR-D1。ひさしぶりに出したら、グッタペルカ(は昔のライカの呼び方ですね)がはがれかかってます。ヤワですね。さらに距離計の精度がイマイチでなおかつブライトフレームが傾いているので、右下がりのショットを量産してます (^_^; M8ではまずそんなことはないんで、なつかしい。。。

Elmar 50mm F3.5 (1930-32) | R-D1

コメント

はじめまして。大変綺麗な写真に感動しました。
私は最近R-D1で写真を撮り始めました。このHPには
たまたまヒットしたのですが、本当に綺麗です。ぜひ参考に
したいなと思いました。また来ます。

投稿者 けいず : 2008年02月01日 12:23

けいずさん、こんにちは。
このぐーたらブログにお越しいただきありがとうございます。
とてもゆるゆるとやっていますのでよろしくお願いします。

投稿者 こんどう : 2008年02月02日 23:37